お腹を割る方法

腹をへこませる朝食の食べ方

腹を割る、それは脂肪を減らすということ。
そうすると、どうしても抵抗があるのが食事。

 

「これを抜いたら痩せるかも・・・」と思いがちなのが朝食。

 

20代〜30代では3人に1人が朝食を食べていないというデータがあります。
でも、実際には朝食を取ったほうが腹は凹みやすくなるのです。

 

なぜ朝食を食べると痩せる?
朝一で食事をすることで、活動と休養のリズムを切り替えている体内時計のスイッチが入ります。
日中の活動に備えて代謝が高い体内環境が整えられるからです。

 

肥満予防には通勤や家事という日常生活での生活活動を増やすのが有効。
でも朝食抜きだと、この生活活動をするエネルギーが足りず、効果が出ません。

 

さらに朝食抜きの1日2食の場合は空腹時間がそれだけ長くなり、
昼と晩の2回の食事で必要なエネルギーと栄養素をとろうとするため、
ドカ食いをしてしまうことがあります。

 

さらに吸収も大きくなるため、朝食抜きよりも太りやすい傾向になります。

お相撲さんは1日に2食摂ります。
それはもっとも太りやすい食べ方だからです。

 

もし1日2食にしている人は、お相撲さんの太りやすい食べ方を
真似していると思うと、今日からすぐに止められるはずです。

 

きちん朝食を取ることで一日の活動エネルギーを十分に取ることができて、
凹んだ腹へとグッと近づきます。

 

朝食をさらに改善する

朝食をきちんと食べている人でも、朝からじっくり自炊を取っている人は多くありません。
忙しいとコンビニなどでパッと手に入るおにぎりやパンなどで済ませる人も少なくありません。

 

パンもおにぎりも消化が良い食べ物だけに、すぐにお腹がすいて
10時頃には仕事中でも間食しがち。

 

もし朝が忙しいのであれば、おすすめは調理の手間が省けて、素早く食べられるシリアル。
ミュズリーや小麦ふすまフレークであればビタミンB群などの栄養素も多く、
食物繊維も多く含まれているため、食べ応えはあります。

 

さらに腹持ちも良いので、昼までに間食をすることも減ります。

 

ただし牛乳は脂肪分が多いため、シリアルにするときは
低脂肪牛乳に切り替えると、脂肪をムダに取らなくてすみます。

 

体を変えたいならココに行け

【話題騒然】たった8週間で本気で変わるパーソナルジムとは?

朝食抜きで痩せるのは絶対にやめよう関連ページ

レコーディングダイエットで記録する
お腹を割る方法
腹をへこませる有酸素運動
お腹を割る方法
効果がある腹筋のやり方
お腹を割る方法
階段上りで腹を割る
お腹を割る方法