お腹を割る方法

階段を80段上る

日常生活でもっともトレーニングをしやすいのが階段。
ビルで1フロア上がるときに階段を使うと、だいたい20段ほど。
4フロアを階段でいくと、ほぼ80段。

 

階段を上る目的としては、筋力トレーニングになります。
平らな地面とは違って、階段上りは重力に逆らって自分の体重を持ち上げていく運動になるため、
より大きなパワーが必要になっていくからです。

 

さらにエネルギー消費も、平地よりも格段に上がります。
階段上りはランニングとほとんど変わらないほど、強度なトレーニングとなるのです。

 

階段上りのメリットは、これだけではありません。
階段上りは、ランニングによる障害予防にもなります。

 

やや強いランニングという運動に備えて、強靱な下半身作りの基礎体力作りになります。
そのため荷物を持って昇るのも、下半身に刺激を与えることになります。

 

より大きな刺激は、より大きなカロリー消費。
できるだけスピードを上げて昇ることを意識しましょう。

 

階段の上りで心肺能力の向上

下りより、平地より、上りでは心拍数が上がりやすく、
酸素の摂取量も多くなります。
これは、心肺機能がしっかり働いているという証拠。
もちろん筋肉も平地よりも格段に刺激を与えるため、筋力の向上にも繋がっています。

浮き指対策もしておこう

いまビジネスマンに多い浮き指。
これはつま先部分が細くなっているビジネスシューズを履き続けることで起きる状態です。

 

正しい位置に指を置くことができず、それが原因で裸足になったときに、
指が反って、床から浮いてしまいます。

 

こうなると、脚に体重が乗せにくくなり、体重を支えきれず、
正しい歩き方ができなくなるのできちんと対策をしておきましょう。

 

浮き指対策
床にタオルを敷き、その端に脚を乗せ椅子に座る。
そして、指を尺取り虫のように曲げ伸ばして、もう一端まで足下に引き寄せる。
これを毎日やれば浮き指対策になります。

 

体を変えたいならココに行け

【話題騒然】たった8週間で本気で変わるパーソナルジムとは?

階段上りで腹を割る関連ページ

レコーディングダイエットで記録する
お腹を割る方法
腹をへこませる有酸素運動
お腹を割る方法
効果がある腹筋のやり方
お腹を割る方法
朝食抜きで痩せるのは絶対にやめよう
お腹を割る方法