脂肪肝の減らし方

脂肪肝の減らし方

「最近お腹出てきた?」
「いや〜、お腹はつまめないんだけど・・・」

 

といいつつ、気になってきたのでとにかく腹筋!
でもお腹は全然凹まない・・・

 

こういう人は、脂肪肝がついてる場合が多いのです。

 

とくに男の人は、腹筋が女性よりもあります。

 

お腹の表面には脂肪がないのに、お腹が出ている場合は、
脂肪+腹筋でボコン!と出ているお腹になりがちです。

 

 

脂肪肝とは

脂肪+肝臓という名のとおり、肝臓周りに脂肪がついている状態。
あまり自覚症状もないまま過ごせますが、ひどくなると肝硬変になります。

 

とくにアルコールを飲む人や不摂生な食事をしている人がなりやすい症状です。
男の人は30代から増えやすく、腹筋しても脂肪肝はなかなか取れません。

 

やっかいなんですよね、脂肪肝。

脂肪肝の正しい減らし方

脂肪肝はなぜ腹筋しても取れないのでしょう。
それは脂肪は有酸素運動で燃やす必要があるからです。

 

【参照】:有酸素運動のやり方

 

筋トレは筋肉をつけると同時に、基礎代謝を上げる目的でやります。
ただし基礎代謝はなかなか上がりません。

 

脂肪肝を減らすには、時間がかかりすぎるのです。
実際に、僕が週5で筋トレをしても、基礎代謝は簡単に上がってくれませんでした。

 

ただ有酸素運動は、軽い運動だとしても、デメリットは時間がかかること。
1日に30分以上はやらなければいけません。

 

もし筋トレで減らすのであれば、筋トレ+食事改善。
食事改善では、炭水化物を1食抜いたりするのも効果的です。

 

基本的には3食食べ、夜だけ炭水化物を抜きましょう。

 

脂肪肝を減らすのは腹筋?

筋トレ方法は、腹筋だけじゃありません。
なるべくでかい筋肉を鍛えること。

 

でかい筋肉は、大胸筋、大腿筋などの胸、太腿ですね。
でかい筋肉は、すぐに反応してくれて、筋肉がすぐに大きくなります。

 

腹筋よりも太腿は支える力が大きいので、大きい筋肉なのです。
効率良く鍛えるのであれば、でかい筋肉を鍛えて基礎代謝を上げましょう。

 

脂肪を減らしつつ、基礎代謝をゆっくり上げることで、だいたい2ヶ月から3ヶ月目でお腹周りはスッキリしてきます。

 

体を変えたいならココに行け
【話題騒然】たった8週間で本気で変わるパーソナルジムとは?

脂肪肝の減らし方!出たお腹をギュッと引き締める方法関連ページ

スナミナをつけたい
目的に合わせてトレーニングをしよう
かっこいい腹筋を割る方法
目的に合わせてトレーニングをしよう
筋トレ初心者の鍛え方
目的に合わせてトレーニングをしよう
脳を活性化させる運動方法
目的に合わせてトレーニングをしよう
体の見た目を変える運動方法
目的に合わせてトレーニングをしよう
男らしい胸筋をつける方法
男らしさといえばガッチリとした胸板!
RMと心拍数の強度の出し方
目的に合わせてトレーニングをしよう