無酸素運動で筋肉をつける

無酸素運動をしよう

無酸素運動は筋トレ。

 

腕立て伏せやスクワット、腹筋など一瞬に力を込めて、筋肉量を増やすトレーニングです。

 

ムキムキから細マッチョ、ダイエット中でも無酸素運動は必ず必要です。

 

ここでは無酸素運動に関連することを解説しています。

無酸素運動で筋肉をつける記事一覧

無酸素運動で基礎代謝をあげよう

基礎代謝というのは、なにもしなくても使われるエネルギー。基礎代謝はKcal(キロカロリー)で表示されます。なにもしなくても使われるエネルギーとは?人間は1日において、呼吸もするし、内臓も勝手に動いてくれます。眠ったからといって心臓が止まったりしませんよね?人間は寝ているときでも体内の活動は停止せず動...

≫続きを読む

無酸素運動のやり方

筋トレを行うと筋肉へダメージが残ります。これが筋肉の疲れ。筋トレは毎日やってはいけないのです。筋肉の疲れが残ったまま運動をやると、筋肉にストレスが溜まっていて筋トレの効果があらわれません。強い負荷ほど休養を取る筋トレで強い負荷をかけるほどダメージも強くなります。回復に時間がかかる目安として48時間〜...

≫続きを読む

無酸素運動の効果とメリット

筋トレ筋トレと世間ではいいますが、何をもって筋トレというのでしょうか?実は「筋力を高めるトレーニング」ではなく「筋肉に何らかの抵抗をかけるトレーニング」こそが筋トレの定義なのです。抵抗のことをレジスタンスといい、トレーニングの専門家は筋トレのことを「レジスタンス・トレーニング」と呼んでいます。筋肉の...

≫続きを読む