無酸素運動で基礎代謝をアップ

基礎代謝の重要性

基礎代謝というのは、なにもしなくても使われるエネルギー。

 

基礎代謝はKcal(キロカロリー)で表示されます。

 

なにもしなくても使われるエネルギーとは?

人間は1日において、呼吸もするし、内臓も勝手に動いてくれます。

 

眠ったからといって心臓が止まったりしませんよね?

 

人間は寝ているときでも体内の活動は停止せず動いているのです。

 

この体内での活動によって、カロリーは消耗していきます。
自然にお腹がすくのもこのせいです。

 

基礎代謝が高い人ほど、何もしなくてもカロリーを消耗していくのです。

 

基礎代謝が高いとどうなる?

基礎代謝は何もしなくても消耗していくカロリー。

 

たとえば基礎代謝が1500Kcalの人は
1日何もしなくても1500Kcalが消費されます。

 

1100Kcalのひとは1日何もしなくても
1100Kcalが消耗されます。

 

この場合、400Kcalの差がありますよね。

 

おにぎり1つ=100Kcalほどなので、
おにぎり4つぶんほどのカロリーの消費が違うのです。

 

つまり基礎代謝が高い人は太りづらい=体が勝手にカロリーを消費してくれる
いくらご飯を食べても太りづらいという人は、基礎代謝が高いということになります。

 

逆に基礎代謝が低い人は、食べ物のカロリーを削らないと痩せにくいということになります。

 

どちらかを選べといわれたら、絶対に「ご飯食べても太らない体」のほうがいいですよね。

 

基礎代謝をあげる重要性は、痩せやすく太りにくい体を作る目的があるからなんです。

 

また女性であれば冷え性の改善にもなりますよ。

無酸素運動は基礎代謝を高める

無酸素運動(筋トレ)は筋肉の量を増やします。
筋肉量が増えると、基礎代謝が上がります。

 

ダイエットは有酸素運動で
脂肪を燃やすと思われがちですが

 

筋トレをして基礎代謝をあげることは
めちゃくちゃ重要なのです。

 

女性の場合でも有酸素運動でエアロビなどやりますよね。

 

でも有酸素運動よりも基礎代謝があがるのは無酸素運動。

 

しっかりとした筋肉をつけることで、
太りにくい体になります。

 

何をしても痩せない・・・という人は筋肉がついていない可能性があります。

 

基礎代謝を計ろう

基礎代謝を計る方法としては、
最近では市販の体重計でも計れます。

 

またジムにある計測器は基礎代謝から
脂肪量、内臓、筋肉量などすべて計ることができます。

 

ジムに通っているのであれば月に1度は計測しましょう。
自分の体がどのようになっているのかが分かれば
どのように鍛えていくか、脂肪を減らしていくか
計画が立てやすいでしょう。

 

体を変えたいならココに行け

【話題騒然】たった8週間で本気で変わるパーソナルジムとは?

無酸素運動で基礎代謝をあげよう関連ページ

無酸素運動のやり方
無酸素運動で筋肉をつけよう
無酸素運動の効果とメリット
無酸素運動で筋肉をつけよう