細マッチョ

有酸素運動をしよう

人間は酸素がないと死んでしまう、そういった意味では生きることすべてが有酸素運動といえます。

 

しかしトレーニングでは運動にどんなエネルギー源を用いるかという定義で有酸素運動が決まります。

 

運動の直接エネルギー源は、ATP(アデノシン三リン酸)という物質。
ATPは貯蔵される量が限られるため、つねにリサイクルをする必要があります。

 

短時間の全力運動ではクレアチンリン酸、次にグリコーゲンがATP再合成に使われます。
ですがその時間もたったの40秒。

 

40秒たつとクレアチンリン酸、グリコーゲンは枯渇します。
そのため酸素を介して糖質と脂質を代謝してATPを再合成。

 

これが有酸素運動となります。

 

どこでも楽しめる有酸素運動

ランニング、ウォーキング、サイクリング、水泳、水中ウォーキング・・・

 

有酸素運動はさまざまな運動方法があります。
またジムのスタジオで行うダンス系エクササイズやステップといった運動も有酸素運動。

 

そのいずれもお尻や太腿といった大きくスタミナに優れた筋肉を駆使して行うのが特徴です。

全力疾走は無酸素運動

同じ走る運動だからすべて有酸素運動というわけではありません。
短距離のような全力疾走や、水泳のバタフライといったような強度が強すぎて長くは続けられない運動は、有酸素運動ではなく無酸素運動に近くなります。

 

ストレッチやヨガも有酸素運動

呼吸を意識して行うヨガやストレッチもある一定の強度で長時間やると有酸素運動となります。

 

有酸素運動のメリット

有酸素運動は心肺機能のレベルアップ、体脂肪の代謝力も上昇することが大きなメリット。

 

有酸素運動を続けていくと、肺でたくさんの酸素を吸えるようになり、心臓が拍出する血液量も増加。
その結果、体内に取り込んで利用できる酸素量の増減が上がり、息が上がらず運動ができる限界点が高まります。

 

またタイムやペースが上がり、マラソンやトライアスロンなど自己記録の更新に繋がります。

 

さらに体脂肪の代謝力もアップ。
無酸素運動でも代謝力はアップしますが、有酸素運動でも代謝力はアップします。
【参考】無酸素運動で基礎代謝をあげよう

 

足腰の筋力もアップするため、筋トレと同様にメタボ・ロコモ対策になります

 

体を変えたいならココに行け

【話題騒然】たった8週間で本気で変わるパーソナルジムとは?

有酸素運動の効果とメリット関連ページ

有酸素運動のやり方
有酸素運動はダイエットや体力向上など様々なメリットがあります。
有酸素運動の種類
有酸素運動はダイエットや体力向上など様々なメリットがあります。